学習進捗(4/22)

前回の記事

学習進捗(4/15)

公認会計士取得に向けた先週1週間の学習状況を記載します


◆先週の学習状況

先週の目標は、『工業簿記分野の学習完了』と、『商業簿記分野の演習問題を2周して完成度を高める』に設定していました。

結論から言うと達成できずでした。情けないです。

『工業簿記分野の学習完了』→こちらはなんとか、、、

ですが、工業簿記分野も一周しただけなので完成度低く、商業簿記分野に至っては着手できませんでした。

進捗は下記の通りです。

曜日 学習内容 学習時間(/時間)
4 15 簿記2級工業-p.20 1
4 16 簿記2級工業-p.45 2
4 17 簿記2級工業-p.150 5
4 18 簿記2級工業-p.150 2.5
4 19 簿記2級工業-p.150 2.5
4 20 簿記2級工業-p.150 6
4 21 簿記2級工業-p.200 5
週次 簿記2級工業 24
月次 簿記2級商業&工業 64
※翌月次   0
総計   97

 

簿記の勉強を開始してからもうすぐ100時間となりそうです。

遅れてしまっているのですが、自分なりの気づきというか方法論的な部分は確立できてきたので諦めずに頑張りたいです。


◆今週の予定

一応2級の全範囲に目を通した状況ですが、このまま1級に突入するのではなく、一度2級を固めたいと思っています。

とはいえ、ここで停滞する余裕はないので、今週は工業簿記分野を進めつつ、商業簿記の総合問題の2周目を並行したいと思います。

ですので、今週の目標は、『2級を合格するレベルに仕上げる』に設定したいと思います。

とはいえ、あまり足踏みする余裕もないので、平日に上記を完了し、
GW(土曜日くらい)からは1級の学習範囲に突入できればと思います。

あと、簿記1級を6月に受けることにしました。
残り1ヶ月半です。笑

合格するにはかなり厳しいスケジュール感ですが、『そこまでに仕上げる』という区切りが大切だと思ったので。

合否問わず、そこを区切りに公認会計士の勉強にシフトしたいと思います。(税理士の科目合格も少し気になっていますが。)


◆気づき

働きながらの勉強ということで、いかに時間を確保するかがカギとなりますよね。

私の場合、朝の時間を意識して確保していますが、
約1ヶ月取り組む中で気づいたことがあります。

それは、、、

「朝は眠い。」

自分の場合、なんとか5時半に起床し、身支度を始める8時半まで約3時間勉強時間を確保しています。

ただ、とにかく眠いんです。笑

気を抜くと失神してるみたいな状況となり、たしかに3時間あるものの、
これまでの平日勉強時間で3時間をきってる日があることからも明らかなように、
しっかり勉強できない日がほとんどです。

ただ、この時間での勉強内容が効率にかなり影響を与えていることに気づきました。

朝の時間はアウトプット型の勉強に費やす!!

まあ当然といえば当然なのですが、
眠い朝はアウトプット型の勉強をすることで眠気に勝てます。
少なくとも自分はそうでした。

ですので、今後はインプット型の勉強は夜の時間を使い、
アウトプット型の勉強を朝にまわすようにスケジューリングしていきたいと思います。

学習進捗(4/15)

前回の記事

学習進捗(4/8)

公認会計士取得に向けた先週1週間の学習状況を記載します


◆先週の学習状況

さて、引き続き簿記2級に取り組んでいきます。

先々週は仕分けについての内容を駆け抜けましたが、先週から財務諸表等の本格的な演習にはいりました。
さすがにまあまあ難しいのと、仕事との兼ね合いで平日の勉強時間を思ったようにとれないところで苦戦しました。
特に、「平日の勉強時間が確保できない→引きずって休日もサボリ気味になる。」このサイクルがやばいです。
かなりタイムロスしてしまいます。

とりあえず進捗まとめると下記の通りです。

曜日 学習内容 学習時間(/時間)
4 8 簿記2級-p.184 5
4 9 簿記2級-p.201 3
4 10 簿記2級-p.215 2
4 11 簿記2級-p.215 1
4 12 簿記2級-p.230 2
4 13 簿記2級-p.280 2
4 14 簿記2級-p.308 5
週次 簿記2級-p.308 20
月次 簿記2級商業 40
※翌月次   0
総計   73

 

今月2週間終わった時点で40時間、、、

さすがにもっと時間確保していかないと今後は厳しいですね。課題です。


◆今週の予定

結果的には先週で無理やり2級の商業簿記分野を終わらせた形ですが、
理解度・難易度的にも2周目3周目をする必要性を感じています。

とはいえ、ここで停滞する余裕はないので、今週は工業簿記分野を進めつつ、商業簿記の総合問題の2周目を並行したいと思います。

今週の目標は、『工業簿記分野の学習完了』と、『商業簿記分野の演習問題を2周して完成度を高める』に設定したいと思います。

工業簿記のテキストが約200ページあるので、平均すると一日あたり30ページ進める必要があるということになります。

プラス商業簿記の復習になるので、これまで設定してきたノルマの中では一番厳しい気がします。でもそろそろエンジンかけないといけませんし、がんばります。


◆その他考え事

目下の悩みは6月の簿記1級を受けるかどうかですね、、、

受けるのであれば4/26までに申し込みが必要なのですが、
受験日が6/9なんですよね。

正直1級のテキストの量をみると、そこまでに仕上げきれるか自信がありません。

というか、無理だと思っています。笑

このまま順調にいったとして、2級の学習完了はGW前がいいとこだと思います。そこから1級に突入するとなると、簿記1級に残された時間は1ヶ月半です。

この膨大なテキスト(1番左)を1ヶ月半て、、、
さすがに無理な気がするんですよね。

逆に成功したらかなり自信つきますよね。笑

悩みます。
どちらにせよ今週終わった時点の進捗をみて決めると思います。

学習進捗(4/8)

前回の記事

公認会計士取得に向けた先週1週間の学習状況を記載します。


◆先週の学習状況

先週の日曜時点で簿記3級を一通り終え、今週より簿記2級に入ります。

一度勉強した3級は合計33時間の勉強時間で駆け抜けることができましたが、2級は初見なのできびしいです。
ちなみに2級の教材は、商業簿記と工業簿記でそれぞれテキストと問題集が1冊ずつの計4冊となります。
このうち、商業簿記から着手しており、下記に記載の学習内容は、テキストページにあわせて(そのテキストページに対応した問題集にも取り組んでいます。)記載しております。

曜日 学習内容 学習時間(/時間)
4 1 簿記2級-p.40 5
4 2 簿記2級-p.60 2
4 3 簿記2級-p.70 1
4 4 簿記2級-p.80 1
4 5 簿記2級-p.90 1
4 6 簿記2級-p.130 5
4 7 簿記2級-p.170 5
週次 簿記2級-p.170 20
月次 簿記2級-p.170 20
※翌月次   0
総計   53

今週取り組んだのは2級の仕分け内容に関わる部分で、
来週から財務諸表等本格的な総合問題になっていくみたいです、、、

本当はもっと進めておきたかったのですが、仕事との兼ね合いでうまく時間を確保できませんでした。
どんな日でも勉強しない日は作らないを決めごとに続けていきたいと思います。

しかし急ピッチ過ぎてちゃんと内容を消化できてるかあやしいです。


◆簿記2級勉強での気づき

3級はテキストを先に読んで、一通り読み終えてから問題集に入っていたのですが、このやり方(インプット優先型)だと2級は厳しそうです。

インプットしたつもりになってはいるものの、いざ問題と向き合うと、アレ??ってなります。笑

まずちゃんと理解してという順序も大切だとは思うのですが、時間のない自分にとっては、

理解しながら問題を解く→問題を解くことで理解も深まる。

この流れ(いわゆるアウトプット優先型)が一番効率的に学習を進めることができそうです。
一歩間違うとただ答えを複写しているだけ、なんてことになりかねないのが注意しないとならないポイントですが。

勉強開始して2周間がたち、だいぶスタイルも確立できてきた気がします。
もう少し安定したら勉強スタイルも別途記事にしてみたいと思います。


◆今週の予定

今週は簿記2級の商業簿記をまずは1周終わらせるべく取り組みたいと思います。

自分の場合、勉強時間での目標はたてないことにしました。教材を開いていても集中できていなければ勉強していないのと同じだと思ったので。

ですので、引き続き勉強時間は参考までに事後報告制にし、あくまで勉強内容で計画を立てていきたいと思います。

取り急ぎ今週は簿記2級の商業簿記の完了を目指します。
残りページは130ページほどで先週より少ないですが、内容が難しくなっていそうなので、がんばりたいと思います。

来週はじまる時点で工業簿記の分野まで着手できていれば嬉しいです!

学習進捗(4/1)

前回の記事

教材届きました

公認会計士取得に向けた先週1週間の学習状況を記載します。


◆先週の学習状況

3/24(日)にクレアールの簿記教材が届きました。
今後、月曜〜日曜までの1週間の学習状況を、翌月曜日に記録していきたいと思います。
それでは、〜3/31(日)までの1週間の学習内容を記録します。
結論から言うと簿記3級を完了し、2級に入りました。

曜日 学習内容 学習時間(/時間)
3 25 簿記3級 3
3 26 簿記3級 3
3 27 簿記3級 3
3 28 簿記3級 4
3 29 簿記3級 2
3 30 簿記3級 8
3 31 簿記3級 10
週次 簿記3級完了 33
月次 簿記3級完了 33
※翌月次   0
総計 簿記3級完了 33

まとめるとこんな感じです。
本当は貯金を作りたかったんですが、ちょうど3級の範囲を終わらせるのが限界でした。
予想通りというか、3級の範囲は憶えていなかったけど理解は早かったかなという感じです。2級からは完全に初見になるので、気合いを入れ直さないと厳しいですね。

あと勉強時間も想定より全然確保できてないです。そこは反省ですね。
引き続きがんばります。

教材届きました

前回の記事

クレアールの簿記3級〜1級までの教材を購入することにしましたが、
無事購入でき、本日届きましたのでご報告します。


◆クレアールの簿記テキスト

まずは画像をみてください。

左から1級、2級、3級です。
1級やばくね?
まあやるしかないからいいんですけどね!

ちなみに構成としては、
・3級→テキスト1冊、問題集1冊
・2級→商業簿記テキスト1冊、商業簿記問題集1冊、工業簿記テキスト1冊、工業簿記テキスト1冊
・1級→商業簿記テキスト3冊、商業簿記問題集3冊、工業簿記テキスト2冊、工業簿記テキスト2冊
となっています。

ちなみに金額は10,000円しないくらいで入手できました。
安く買えた方かなとは思います。
タイミングよく出品されていてラッキーでした。


◆現時点での学習予定

サーっと目を通してみて、

・3級
3月中に完了(実質1週間)
・2級
4月中に完了(実質1ヶ月)
・1級
6月中に完了(実質2ヶ月)

このぐらいのスピードでやるしかないです。マジで。
いや厳しいとは思ってたけどキツイわ、ほんと。

でもやるしかないです。
同じ境遇の人がいつかこの記事読んでくださったときに希望を与えられるようがんばります。

ちなみにそもそも学習開始前の自分の実力というか予備知識の有無ですが、
3年前に簿記3級を取得しています。
が、そのときも試験当日の1週間を切ってから勉強開始したくらいでして。
受かるためだけのアウトプット偏重型学習だったため、体系的な知識はついてません。
そもそも何も憶えていません。笑
ただ、簿記ってたしかこんなやつだったなー、くらいの思い出はあるので、
その貯金を使って3級を速攻で倒したいと思います。


◆今後の学習進捗レポ

今後の学習進捗についてですが、
毎日報告しても仕方ないと思うので、基本的に毎週月曜日に1週間分の学習状況をこちらで報告したいと思います。
引き続きご覧いただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

会計士勉強の教材

前回の記事

公認会計士試験の合格を目指すことにしましたが、
さてどうやって勉強しようか、という状況です。

資格学校?独学?
今回はそのあたりの整理について書きたいと思います。


◆資格学校か独学か

資格取得を目指す際に、資格学校を利用される方は多いと思います。
ただめちゃくちゃ高いですよね。お金かかります。
独学じゃ難しいとよく聞きますが、本当?というのが正直なところです。

お金をかけて退路を断つという考え方もあると思いますが、
お金はかからないに越したことないですよね。笑

あとこれは自分特有の問題ですが、勉強すべき教材さえあれば、
自分のペースで進められた方がいいなと思うタイプだったりします。

ですので、ポイントとなるのは、
①自分で勉強を進めることができる教材が手に入るか
②その教材をマスターすることで合格にたどり着けるか

となります。
資格学校に通う場合は合格するための教材はもちろん手に入りますし、
それを懇切丁寧にフォローしてもらえるサポートも手に入るということですね。

独学が無理そうであれば資格学校選び  or そもそも公認会計士とるのか?という議論に立ち戻りそうです。

というわけで独学で勉強できそうな方法・教材を模索してみました。


◆教材選び

独学するとなった際の教材について調べてみましたが、
これをやれば試験範囲はカバーできるといった市販の教材はなかなかありません。

かといって資格学校の教材もコースへの入校が前提となっているものになります。

んーやはり資格学校に入らないといけないのか?
と思いましたが、

!!!

思いつきました。

メルカリみてみよう!

やはり予想通り、合格して不要になったのか、挫折して不要になったのかわかりませんが、けっこうな数が出品されています。

TACのものもあれば大原のものあります。
その中で自分が気になった教材が、『クレアール』の教材になります。

『クレアール』について調べてみると、非常識合格法というものを掲げ、
時間のない社会人向けの、内容を絞り込んだ教材を使うみたいです。
あとは見た感じまあまあ公認会計士試験に強そうです。

なんとなく謳い文句には共感したので、こちらの資格学校を訪ねてみることにしました。


◆クレアールに突撃

突撃してきました。

会社?校舎?は水道橋駅から徒歩5分くらいのところでした。
近くにカレー&オリエンタルバル桃の実さんがあります。
こちらすごくおいしいです。

関連ランキング:インドカレー | 水道橋駅神保町駅九段下駅

少々脱線してグルメトークになってしまいましたが、
実際に足を運ぶことでクレアールの担当者と話すことができました。
聞いてみると実際に入校するメリットがありそうなプランとかも紹介いただけましたが、
やはり口コミどおりで、入校しても教材を使って各自のペースで勉強を進めるケースが多いみたいです。
WEB講座を見ずに自分で教材を進める人も一定数いるということですね。

仮に自分が入校したとしても100%そうなるなあって思います。
だっていちいちWEB動画みる準備して教材開いてって、けっこうエネルギー使いそうですし、、、
校舎に足を運ぶなんてもっとキツイなあって思うんですよね。
そんなこと言ってる時点でダメなのかもしれませんが。笑

この日は実際に教材も見せていただくことができ、
科目ごとの分量や、テキスト・問題集の構成等も把握できてよかったです。

何より役に立った情報が、
・公認会計士を受けるのであれば、簿記の知識は必須。
・2級までは理解していないと公認会計士の勉強には入れない。
・当然1級もマスターしてから望んだ方がよいが、合格レベルまで詰めずに公認会計士のテキストに移行してもよい。
というお話でした。
ふむふむ。


◆選んだ教材は?

はい、たどり着いた解答はこちらです。
『クレアールの教材をメルカリかヤフオクで買う』

もっと言うと、
『クレアールの簿記3級〜1級までの教材をメルカリかヤフオクで買う』
です。笑
理由は下記の通りです。

①他の学校の教材に比べて内容が詰まっている印象がある
網羅性に欠けるかもしれないが、時間がないので最短距離を駆け抜けたい自分のニーズに合致。

②WEB講座の受講を前提としないテキスト・問題集構成である。
メルカリ等で購入し、入校しない場合は、テキスト等が講座に紐づかなくても理解できる構成でないと厳しい。
クレアールの場合はその点が問題なさそうであることを確認できた。

③とはいえ、教材及びこの試験勉強自体が自分に合わなかったときのリスクをヘッジしたい。
メルカリ等で安く購入すること自体が一つのヘッジではあるのですが、
教材との相性が合わなかったり、会計系の勉強自体が絶望的に合わなかった場合のリスクをヘッジする意味で、まずは簿記1級までの部分をやってみようと思った。


◆あとは買うだけ

という訳であとはメルカリかヤフオクで調達するだけです。
時間もったいないので多少高くても買います。
手に入ったらまた更新します。

 

 

 

 

公認会計士を目指します!

前回の記事
タイトルに結論を書いてしまいましたが、
昨日の時点で公認会計士か税理士かの2択まで絞り込みました。


公認会計士と税理士の比較

2択まで絞り込みましたが、この2つの資格は完全に優劣関係にあります。
資格取得後に待つ業務内容の違いは割愛しますが、公認会計士が完全に上位資格となるため、
どうせだったら公認会計士をとりたいという思いがチラつきます。

周囲に経験者がいないので難易度を理解していないアホの戯言状態かもしれませんが。笑

資格としては税理士でも十分に自分のニーズを満たすと思っているので、試験の特徴次第かなと思いました。

税理士試験・・・5科目の科目合格制で受験日は年一回の8月
公認会計士試験・・・1次試験が12月5月の年二回、2次試験は8月の年一回

税理士試験は何年もかかって1科目ずつクリアしていく人が多く、働きながらコツコツやる人向け。
公認会計士試験は時間があり広い試験範囲をカバーできる人(学生など)向け。
とのことです。

ふむ。

公認会計士目指します!!

はい、結局。

理由はやっぱり上位資格にチャレンジしたいというのもありますが、
税理士試験だと実質4月になる今から勉強初めて、
8月初旬の試験で1年間その科目のためだけに勉強してきた他の受験生に勝つのは難しそうというのと、
科目合格制が故に何年間かかかる受験プロジェクトになってしまいそうだったので。

一方の公認会計士試験は短答式の第1回が12月で税理士よりも余裕があるのと、
翌5月に再チャレンジがあるため、ダメだった場合に1年間ブランクが生じる税理士試験に比べてモチベーションを保てると思いました。

こういうのは次があると思うと甘えが生じるのであくまでも照準は2019年12月の試験に合わせたいと思います。

という訳で狙いは定めましたので、後はアクションのみです。

どのように勉強するか、教材はどれを使うのか、資格学校を使った方がいいのか。

そのあたりを次は整理したいと思います。

TACに行ってきました

こんにちは、ヒデです。前回の記事
昨日資格に挑戦しようというお話をしましたが、
体系的に整理すべく、資格学校に行って話を聞いてみることにしました。


◆いざ、資格学校へ

資格学校もいろいろありますよね。自分がパッと思いつくところで、

・TAC
・大原
・LEC

とかありますが、他にもたくさん。

調べてみると当然それぞれ特徴がありますよね。
通学形式を強みにしている学校、
通信形式を強みにしている学校、
法律系に強い学校、
会計系に強い学校、
などなど。

やはりまずは何を目指すのかを決めないと!
というわけで大手資格学校なら体系的に整理されているだろうと思い、
近くにあるTACへ会社帰りにふらっと行ってみました。


◆TACで相談

事前に電話で資格取得に向けた勉強を検討しているのですが、
と申し入れてから伺いましたが、私が行ったTACは特に予約とかはいらないようです。

受付後、相談ブースへ案内されます。
周囲にはパンフレットや合格者の声などが所狭しと並べられています。

相談員の方に簡単な経歴情報を提供した後、どんな資格を考えているのかと話に入ります。
自分が相談したのは下記の内容です。

①その資格で独立したいという訳ではないが、独立に役立つ資格をとりたい。
②自分で調べた中だと税理士が良さそうだが、他の資格の可能性とかも把握しておきたい。
③資格学校が提供できるサービス(独学との違い)を知りたい。

ネットで調べてもいい内容ですが、可能であれば実際に話しを聞いた方が楽だし早いですよね。

TAC相談員の方の回答は以下でした。

①②に関して↓
・独立に役立つという点においては、どの会社でも必要な知識となる法律系か会計系の資格がオススメ

まあそうですよね。自分もそう思いました。
じゃあその中で整理するとなると…

【法律系】
・司法試験
・司法書士
・行政書士

【会計系】
・公認会計士
・税理士

上記の資格たちが候補として残るわけになります。

税理士の下に簿記も入ると思いますが、簿記だけでは弱いかなと思うので検討外としています。


◆パンフレットがわかりやすい

さて、ある程度絞り込んだあたりでTACの方がそれぞれのパンフレットをもってきてくれました。
こちらがすごくわかりやすいです。

※写真

資格取得でできること、受験日等の受験一連の流れ、他の資格(上位資格下位資格)との違い、
などなどわかりやすくまとまっていて検討しやすいです。

自分が特に気になったのは、受験日と上位資格下位資格との違いです。
無理のないスケジュールで動き出せるか、その資格の費用対効果はどうか、という点ですね。

例えば公認会計士は税理士資格をかねているようなものなので、
税理士試験と公認会計士試験の特徴次第では、多少ハードルが上がっても公認会計士にチャレンジした方がよいのでは?

となってしまうわけです。(試験の実態を知らない素人の浅はかな考えかもしれませんが。)


◆法律系ではなく会計系の資格へ

パンフレットを眺める中で、法律系より会計系の方に興味があるなと思うようになってきます。

司法試験は大学の友人がチャレンジしており(その友人は無事合格しています)、難しさを知っているので検討外としました。

司法書士、行政書士を検討外にしてよいのか、TACの方に聞いてみると、
司法書士、行政書士か会計士、税理士で悩むのであれば、前者の2つはその資格単体というよりかは、
ダブルライセンス(税理士とった上で司法書士もみたいな)でより効果を発揮する資格という説明を受けました。

司法書士、行政書士単体の資格で活躍している方もたくさんいるとは思いますが、なんとなく自分もそんなイメージがあったからか、その説明で腹落ちしました。(TACの方はさっさと私に絞り込ませたかっただけかもしれない笑)

では残すは公認会計士か税理士か、どちらを目指すかとなります。

後は家に帰って考えようということでパンフレットをいただいてTACを後にしました。

【初記事】資格

こんにちは、ヒデです。初記事です。

自己紹介に記載の通り、独立目指して考える日々なのですが、
今、資格について考えています。


◆資格をとりたい

これまでの業務の中で営業経験は積んできたものの、わかりやすい強みがないというか、手に職という部分で弱いなあと思っています。

そこで、何か資格を取得しようと思います。

自分でも資格とればOKって訳ではないとは思いますが、何もない今に比べたらマシかなと、、
取得した資格で独立するというよりかは、将来独立する上で役立ってくれるかも?といった視点で、下記を候補にしています。


◆資格の候補たち

■公認会計士
会計資格のトップ

■税理士
独立するときにお金回りの知識として役立ちそう

■司法試験
法律系資格のトップ

■司法書士
独立するときに登記とかの知識として役立ちそう

■行政書士
具体的にイメージわかないけど、取得したら取得したで役立てそう。

■中小企業診断士
企業経営の知識が広く身につくジェネラリストになれそう。

■不動産鑑定士
不動産資格のトップ。不動産知識に個人的興味あり。

このあたりが候補と簡単な検討理由になります。
うーん、浅ーい検討だなあ笑

司法試験とか公認会計士はともかく、
調べてみたらどの資格もそれなりに時間かかりそう&難しそうです…。
(↑あたりまえ)

難易度を上げていって資格ハンターみたいに順番に取るのもありだけど、
それだと資格勉強のためだけに直近数年費やすことになるし、微妙ですよね。

どうせ勉強するなら、やっぱり単独でも十分な強みになる資格がいいなあ。

となると、今回に関してはイメージのわかない行政書士と、専門知識というよりジェネラリスト色が強い中小企業診断士は検討外になりそうですね…。

現時点での最有力候補は税理士かなあ?

とりあえずこのくらいの整理で、専門学校とかの話も聞いてみたいと思います。

早く次の目標を設定して動き出したいです!